Top >  外反母趾の治療 >  外反母趾の治療の基本:保存療法とは?

外反母趾の治療の基本:保存療法とは?

外反母趾になってしまったとき、どのようにして治療すればよいのでしょう?
ここでは、外反母趾の治し方についてお話します。


【外反母趾の治し方の基本】

外反母趾の治し方の基本は”保存療法”です。これは数ヶ月から一年と
時間はかかります が、人間の治癒能力を生かした、より自然な治療方法です。
大半の外反母趾はこの”保存療法”でかなりの改善が出来るといわれています。


【保存療法とは?】

外反母趾の”保存療法”は、①足の運動、②歩き方を変える、③装具を使う、
④靴を変えるの4点からなると考えられています。


●足の運動

足じゃんけんのパァーのように足の指を大きく広げる運動をすることで、
骨と骨との間の靭帯を強化し、横アーチを形成するのに有効と考えられます。

足の指でタオルなどをつまみ上げる運動をすることで、つまみ上げる時に
中足骨が丸い橋の形になって、足底にくぼみが出来ます。
これも横アーチの形成に有効と考えられています。

この二つの運動を数分間でもいいから毎日続けることが、外反母趾の
保存療法の一つです。


●歩き方を変える

かかとからしっかり着地し、そのかかとに体重を乗せることで前足部への負担を
軽くするのがポイントです。歩き方に気をつけましょう。


●装具を使う

足の横のアーチ形成を助ける中足骨パッドを靴に装着するのがいいです。
ただし、信頼出来る補正技術を持った人に依頼することが大事です。
外反母趾の初期段階なら、足の指の間にガーゼなどを挟む方法も良いでしょう。


●靴を変える

鼻緒のあるサンダルなどが本当はベストです。母趾が外側に曲がらないような、
出来るだけ内側にふくらんでいるような靴、ヒールの高さが3センチ以下の
靴を選ぶようにしましょう。

ひも靴が基本で、靴を脱ぐときはひもをほどいてから脱ぎ、履くときは
かかとをぴったりと合わせて、ひもをしっかり結ぶようにします。

手術を受けた場合は、手術後に履く靴にも注意しなければいけません。
折角、手術が成功しても、その後再び先細のハイヒールを履いていたら、
外反母趾は再発してしまうことを忘れないでください。

スポンサードリンク

その他保存,足,治癒,予防,運動の情報

外反母趾が女性に多い理由。特に中国に多いのは??
中国において、外反母趾の人が多い理由をご存知でしょうか??
中国では昔、纏足という文化があったのです。

外反母趾とは?足以外の症状は?なりやすいのは誰?
外反母趾とは、親指が変形し、小指の方へ曲がっている状態をいいます。
身体の中心線から見て、親指が外側に曲がっているためにこの名前が
つけられました。ここでは外反母趾の基礎知識をお話します。

外反母趾には5つの種類があります!種類別の症状一覧!
外反母趾には、5種類のパターンとそれに伴う5種類の形があります。
その病態・症状・治療は外反母趾の種類によって全く異なります。
自分が外反母趾と気付いたら、どのパターンにあてはまるか確認しましょう。

外反母趾の原因はハイヒールだけではありません!
外反母趾はハイヒールなどの靴が原因で起こる、と考えられていることが
多いようですが、実際には子供や男性にも見られる病気であるため、
ハイヒールなどの靴だけが原因であるとはいえません。

外反母趾の手術の実際!麻酔は?日帰り手術は可能?
外反母趾を手術を受けたほうが良い場合は、どんなときでしょうか?
手術は、どんなことを行うのでしょうか?外反母趾の手術療法について
詳しくお話します。

外反母趾の手術のその後は?
外反母趾の手術を行うと、その後足の症状は完治するのでしょうか?
手術のその後について、お話します。

外反母趾を治す靴はある?外反母趾に優しい靴とは?
外反母趾でお悩みの方に、良い靴はあるのでしょうか?外反母趾は靴で
治すことが出来るのでしょうか?ここでは、靴と外反母趾の関係をお話します。

外反母趾の病院は、”日本足の外科学会”のDrがいる病院に!!
外反母趾の治療法は多岐にわたるため、受診する病院・ドクターは、
ぜひとも経験をたくさん積んでいて、最適な治療法を選べるところを選びたい
ところです。東京都の日本足の外科学会会員の勤務先病院をご紹介します。


外反母趾の治療

外反母趾の治し方の基本:保存療法とは?外反母趾の手術は?手術のその後はどうなる?

関連エントリー

外反母趾の治療の基本:保存療法とは?
外反母趾の手術の実際!麻酔は?日帰り手術は可能?
外反母趾の手術のその後は?