Top >  外反母趾の治療 >  外反母趾の手術の実際!麻酔は?日帰り手術は可能?

外反母趾の手術の実際!麻酔は?日帰り手術は可能?

外反母趾を手術を受けたほうが良い場合は、どんなときでしょうか?
手術は、どんなことを行うのでしょうか?外反母趾の手術療法について
詳しくお話します。


【手術療法の歴史と現在】

適切な保存療法を試みてみたが、なかなか症状の改善が得られない時の、
最終的な治療法として手術療法があります。

外反母趾の手術は18世紀後半から行われており、現在に至るまでに
様々な手術法が報告されており、その術式はなんと100種類以上もあります。

これだけ多くの手術法があるということは、それだけ外反母趾を手術で
治すことが難しいということの表れでもあります。

今日の主な手術法としては、McBride法に代表される軟部組織矯正術、
Mann法やMitchell法に代表される中足骨骨切り術、Keller法などの骨切り術、
関節破壊を認める症例には関節固定術や関節形成術などがあります。

すべての症例に用いることのできる単一の手術法はなく、個々の症例に応じて
手術法を選択することが大切といえるでしょう。


【麻酔は?】

全身麻酔で行うのが一般的ですが、腰椎麻酔(下半身のみに麻酔をかける)で
行うことも十分に可能です。いずれにおいても患者さんの全身状態や、
手術に要する時間などを十分考慮した上で最も良い方法が選ばれます。


【所要時間は?】

所要時間は行われる術式や外反母趾の病態などにより異なりますが、
概ね1~2時間といったところです。


【日帰り手術は可能?】

日帰りでできる手術は、一般に局所麻酔で行える手術なので、全身麻酔や
腰椎麻酔で行う本手術においてはあまり一般的ではありません。
ただし、骨切りを必要としない軟部組織矯正術であれば局所麻酔でも行えます。

スポンサードリンク

その他日帰り,治療,手術,外反母趾,麻酔の情報

外反母趾が女性に多い理由。特に中国に多いのは??
中国において、外反母趾の人が多い理由をご存知でしょうか??
中国では昔、纏足という文化があったのです。

外反母趾とは?足以外の症状は?なりやすいのは誰?
外反母趾とは、親指が変形し、小指の方へ曲がっている状態をいいます。
身体の中心線から見て、親指が外側に曲がっているためにこの名前が
つけられました。ここでは外反母趾の基礎知識をお話します。

外反母趾には5つの種類があります!種類別の症状一覧!
外反母趾には、5種類のパターンとそれに伴う5種類の形があります。
その病態・症状・治療は外反母趾の種類によって全く異なります。
自分が外反母趾と気付いたら、どのパターンにあてはまるか確認しましょう。

外反母趾の原因はハイヒールだけではありません!
外反母趾はハイヒールなどの靴が原因で起こる、と考えられていることが
多いようですが、実際には子供や男性にも見られる病気であるため、
ハイヒールなどの靴だけが原因であるとはいえません。

外反母趾の治療の基本:保存療法とは?
外反母趾になってしまったとき、どのようにして治療すればよいのでしょう?
ここでは、外反母趾の治し方についてお話します。

外反母趾の手術のその後は?
外反母趾の手術を行うと、その後足の症状は完治するのでしょうか?
手術のその後について、お話します。

外反母趾を治す靴はある?外反母趾に優しい靴とは?
外反母趾でお悩みの方に、良い靴はあるのでしょうか?外反母趾は靴で
治すことが出来るのでしょうか?ここでは、靴と外反母趾の関係をお話します。

外反母趾の病院は、”日本足の外科学会”のDrがいる病院に!!
外反母趾の治療法は多岐にわたるため、受診する病院・ドクターは、
ぜひとも経験をたくさん積んでいて、最適な治療法を選べるところを選びたい
ところです。東京都の日本足の外科学会会員の勤務先病院をご紹介します。


外反母趾の治療

外反母趾の治し方の基本:保存療法とは?外反母趾の手術は?手術のその後はどうなる?

関連エントリー

外反母趾の治療の基本:保存療法とは?
外反母趾の手術の実際!麻酔は?日帰り手術は可能?
外反母趾の手術のその後は?